浄土真宗 正信寺
正信寺
Tweet

令和二年 報恩講

下記要領で報恩講を行います。。

日時:令和2年11月23日(月)勤労感謝の日 午後1時30分より

勤行:正信偈(真四句目下)・念仏讃淘五(和讃 弥陀大悲の誓願を)次第六首・回向・御俗姓御文拝読

講話:幸せについて、歎異抄解読

施供物 ご参拝にあたりマスクの着用をお願いします。手指消毒用のジェルを用意させていただきます。

ご参拝される方の座席は、通常より間隔を広げて用意いたします。

感染拡大予防にご協力のほど、よろしくお願いいたします。

緊急事態宣言が再度発令された場合には、このHP、または電話で法要実施のご確認をお願いいたします。


年回忌表を更新しました

年回忌表と検索を新元号に対応しました。



和讃解説 浄土和讃 三十六

神力本願及満足(じんりきほんがんぎゅうまんぞく) 明了堅固究竟願(みょうりょうけんごくきょうがん)

慈悲方便不思議(じひほうべんふしぎ)なり 真無量(しんむりょう)を帰命せよ


弥陀の威神力と法蔵菩薩の本願力は、完全で堅固で必ず成就する誓願です。衆生を救うという慈悲の心は、思いはかることができません。真に無量である阿弥陀仏を頼みにしなさい


住職のこぼれ話を更新しました

江戸時代に一向宗が薩摩藩、人吉藩では三百年にわたり禁教とされたことは、キリシタン弾圧に比べ知られていません。

藤井哲雄東本願寺学院教授と私は、隠れ念仏について調べるため、平成17年6月 羽田東京国際空港から鹿児島空港へ向かいました。その時の、お話を、 住職のこぼれ話(30)「薩摩の隠れ念仏」に、つづりました。



名称および所在地

宗教法人 浄土真宗 安養山(あんようざん) 正信寺(しょうしんじ)

〒224-0007 横浜市都筑区荏田南1-4-4

電話/Fax: 045-943-1299 045-941-6892

正信寺の本堂