浄土真宗 正信寺
正信寺
Tweet

平成30年 報恩講のご案内

親鸞聖人の命日は旧暦の弘長2年(1262年)11月28日、新暦では1263年1月16日

にあたります。現代では、11月28日ごろ、浄土真宗の寺院では開祖親鸞聖人の

恩徳を感謝する行事として報恩講を行います。

正信寺では、下記要領で報恩講を執り行いますので、ご家族お誘いあわせの上

ご参拝ください。

日時:平成30年11月23日(金)勤労感謝の日 午後1時30分より

勤行:伽陀・正信偈(真四句目下)・念仏・和讃・回向・御俗姓御文拝読

講話:極楽往生について 歎異抄解読


和讃解説

たとい大千世界(だいせんせかい)に みてらん火をもすぎゆきて

仏の御名(みな)を聞く人は ながく不退(ふたい)にかなうなり


仮に三千大千世界という広い世界に満ちている火の中をも通り抜けて、仏の名号を聞信する人は、永遠に不退転の位につくのにふさわしい。


住職のこぼれ話を更新しました

加賀の一向一揆について、学生時代に習った内容とは異なるのではないかということを、中山書房発行の『蓮如上人の生涯』を執筆された、藤井哲雄先生から伺いました。 藤井哲雄先生と吉崎御坊を訪れたときのこぼれ話を、吉崎御坊のはなしとして、加賀の一向一揆1にまとめました。

また、敦賀の小浜を訪問した際には、吉崎御坊脱出の絵図などの宝物を閲覧することができました。蓮如上人の吉崎御坊の脱出のはなしを、加賀の一向一揆2にまとめました。

一向一揆については諸説ありますが、現地を訪問するということは、何にも代えがたい経験でした。



名称および所在地

宗教法人 浄土真宗 安養山(あんようざん) 正信寺(しょうしんじ)

〒224-0007 横浜市都筑区荏田南1-4-4

電話/Fax:045-943-1299,045-941-6892

正信寺の本堂